<%><%>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフォルニア ASRレポート!

1/22から24まで、例年のようにASR(Action Sports Retailer Show) が
サンディエゴで開催されました。

まず着いたその日にサンタクルーズのインターナショナルミーティングに参加。
今回はホテルのテラスに大きなテントを張り、その中に大きなシャンデリアを吊り下げ、
素敵な空間の中でミーティング。でもこちらは時差ぼけで眠さをこらえるので精一杯だったり。。。

SANY1942.jpg

このあと新しいサンプルやボードを受け取って、次の日はASRへ!

今年は不況の影響で、各ブランド縮小傾向でした。
というかほんととってもわかりやすい国です、アメリカは!?

たいていのブランドはまず展示会の経費から削るそうです。
展示会は場所代、ブースの設営、スタッフの移動費や宿泊費とかかなりの
費用がかかるので。。。それに展示会はショップ向けで広告やライダーのように
エンドユーザーへの販売に直につながるものではないし、その分セールスが
がんばればいいと(セールスはたいへん!?)。それにカリフォルニアに本社が
あるブランドはそこに来てもらえばいいんだよなんて言っていました。

というわけでカリフォルニアに本社があるブランドの多くはASRには出展せず、
フロリダで行われたSurf Expoのみの出展に絞っていたようです。どのへんかというと、
Quiksilver, Roxy, Hurley, Reef, Rip Curl, Rvca, Electric, Boardworksなどです。

ASRに出してはいるものの、ブースがかなり小さくなったブランドも多く、
Volcom, Firewire, Surftechなどがそのパターンでした。

Channel Islandsはブースは出していないのですが、ガイドブックに
大きく広告を出して、来た人に賢くアピールしていました。

各ブランド展示会をカットしても赤字なら今度は広告、さらにはライダー、
さらには人件費となるそうです。

大きな会社ほど深刻なようでクイックシルバーはつい先日アメリカ国内で
従業員約3500名中の約4%となる150人のリストラを発表し、ヨーロッパと
アジアでも早急に対策をとっていくそうです。。。

まぁ、そんな中がんばっているブランドももちろんあります!
相変わらず大きなブースを出していたのが
Oakley, Billabong, Lost, Nixon, Dakine, Fox, Vans, Alpinestars, Oneillなどです。

それではASRでみたいろいろなブースを紹介しますね。

SANY1943.jpg
いつもいます。Riding Giantsでおなじみの超レジェンド、Gregg Noll。

SANY1946.jpg
サーフボードの形をしたバランスボードを発見!

SANY1956.jpg
Firewireのアートボード。きれいです!

SANY1958.jpg
キングKelly Slaterのボードも。

SANY1960.jpg
日本からもKyoto Styleがブースを出していました。

SANY2036.jpg
同じく日本からRatio Finも。

SANY1961.jpg
Futureのブースにはいろんなフィンがごちゃーっと!

SANY1963.jpg
あいかわらず大きなブースでアピールするビラボン。

SANY1965.jpg
ピースフルなグラフィックのando & friends。

SANY1966.jpg
ブースはかわいいが何を売っているのかわからないgidgetのブース!?

SANY1967.jpg
ここもがんばっていました。Lucy Love。

SANY1968.jpg
カジュアルも充実していたSector9。

SANY1969.jpg
ほのぼのしたグラフィックのLife is good!

SANY1970.jpg
Dakineも大きなブースをキープ。

SANY1972.jpg
いつも存在感のあるOakley。

SANY1977.jpg
かわいいブースのMR, Chili, Placebo。

SANY1979.jpg
あいかわらずにぎわっているLostのブース。

SANY2038.jpg
いつもおしゃれなNixon。

SANY1984.jpg
NixonがリリースしたヘッドフォンはBose社製だそうです!欲しい!

SANY1989.jpg
Astroからも多くのニューグラフィックが登場します!

SANY1991.jpg
BayVIというハワイブランドはかなりいけてます!日本での販売をする牛越プロも来てました。

SANY1994.jpg
ボードを運ぶストラップやさん。

SANY1996.jpg
おしゃれなヘッドフォンがいっぱいのSkull Candy。

SANY1998.jpg
Foxのブースはむちゃくちゃおしゃれ。

SANY2006.jpg
Volcomの今回のテーマは農場!?ここはとにかくにぎやか!

SANY2007.jpg
最近がんばっているAlpinestar。

SANY2008.jpg
Von Zipperももちろん健在!

SANY2022.jpg
いろいろなデザインのSK8。サーフボードももっとかわいくなってもいいのでは!?

SANY2032.jpg
このエリアはすべてがエコでした。

SANY2043.jpg
ブースを一新していつもにぎわっていたサンタクルーズサーフボード。

SANY2027.jpg
かわいいでしょ、このOzzieのボードとスケート!

SANY2045.jpg
これサーフボード型USBです。いろんなブランドから出てます。

SANY2064.jpg
これ、展示されていた最新構造PowerlyteEXTの中身です。

SANY2066.jpg
放射状のカーボンでターンの伸びと反発力が格段にアップ!

SANY2086.jpg
エンドレスサマー2でおなじみのWingnut。
今はサンタクルーズのプロダクトマネージャーをしてます!

SANY2083.jpg
Life is good!のほのぼのカー発見!

SANY2081.jpg
今年はメガランプが登場!このキッカーで飛んでから...

SANY2082.jpg
このクオーターへドロップ!

SANY2106.jpg
この高さは大迫力!

動画だとこんな感じ ↓↓↓



SANY2126.jpg
街へ出るとやはり見かけるオバマグッズ。
Tシャツに、フィギュアに、帽子に、ステッカーなど!!

写真を撮ったのが初日の朝だったのでどこも人はまばらですが、それ以降はのんびり写真なんて撮ってられないほど多くの人がいました。

不況でも売れる商品を見極めに来る人が多く、サンタクルーズのブースにも多くのニューアカウントが来ていました。
壊れにくい丈夫なボードは寿命が格段に長いため、コストパフォーマンスにすぐれるためだそうです。

ASRで見つけた業界誌におもしろいレポートが載っていました。
もちろんアメリカでもまだまだフォームボードが主流なのですが、もうマーケットの20%はすでにモールドボードが占め、今も確実に増え続けているそうです。
ショップにとってもモールドボードは変色や劣化がないため、ストックするのに安心だそうです。

80%を占めるフォームボードでも、そのうちの1/4は丈夫なエポキシを使用していたりと、丈夫なボードへの需要は明らかに高いようです。

モデル別に言うとスラスターのみが現状維持、そのほかのクアッド、ツイン、フィッシュ、ファンボード、ロング、SUPはすべて減少傾向だそうです。
不況のため最もベーシックなスラスターはいいものの、流行のクアッドや、金額の高いロングやSUPは顕著に減っているようです。

サーフショップの今年の売上予測も40%が現状維持、40%が減少だそうです。。。

とは言うものの、ビーチはいつもと同じように、多くのサーファーでにぎわっていました。
おそらく不況でもサーファーの数が減ることはないでしょう。逆に増えるかも!?

昔からサーフィンは不況に強いとも言われています。
一度道具を揃えてしまえば、そのあとは他のスポーツほどお金はかからないからです。
海は何度行ってもただだし、サーフカジュアルも単価は安いし。

あとは賢く道具を選べばいいだけです。

ほかの雑誌に「サーファーはこの不況にどう対処すべきか」という記事もありました。
これもまた機会があれば紹介しますね。


サンタクルーズ
小林
スポンサーサイト

コメント

不況になると surfer は 増えるんだという話他でも
聞いた事あります。
 USB 欲しいな。。。
 pink の板の写真ありますが。。。。 

いいっすね

USBほしい
Ozzieのスケートボードもほしい!

お店で手に入るんですか?

TO とってぃさん
遅くなりましたv-292お店で販売予定ですよv-398秋冬モデルなのでもう少しお待ちくださ~いv-353

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://scruz.blog84.fc2.com/tb.php/162-d0df8aac

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。